イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋、じゃ無くて冬。

イッチャんは元気に小学校&ディサービスに行っています。

以前は家の中だけでしか笑顔を見せなかったのに、最近は学校やディでも時々ちゃんと笑うそうです。
それに、自己主張も少し出てきたとの事です。
嫌な時、言葉では伝えられませんから、態度で嫌と言う態度を取るそうです。

嬉しいですね~好き・嫌いが有るという事は、物事をちゃんと理解していると言う事ですから。

ここから表題の話になるのですが。

イッチャんの父は読書が大好きなんです。
小学生の頃から、推理小説が好きで良く読んでいました。

その時々の趣味もあり、読む本の種類は色々変わってきましたが、読書をするのが好きなのでジャンルは変わっても本は読んでいました。

でも、数年前から少し視力が落ちてきて、本を読むと集中出来なくて一時期読書できなかった時がありました。
去年の初めくらいだったかな?メガネをかけるようになり、遠くもハッキリと見えるし近くも良く見えるようになり、又読書を始めました。

歴史物なら三国志が一番好きなんですが、日本の歴史も大好きです。
海外の本も大好きで、哲学書や宗教書も読みます(何処の宗教にも入っておりません)。

去年の初め頃から、日本の戦国時代を楽しく読んでいたのですが、その反動なのか?今は仏教の本を読んでいます(笑)。
日本には伝えられていなかった、初期仏教(お釈迦様の言葉が正確に伝えられている仏教)という仏教の話です。
その仏教の長老がお釈迦様が話されたことについて、詳しく解説している本です。

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) [Kindle版]

Kindle版なのでスマホやタブレットでダウンロードして読む電子書籍です。

この本を読んでいると、怒るという事についてとても考えさせられます。

相手から何かを言われたり、相手から理不尽なことをされたり、普通なら怒る場面ですが・・・しかし、どんな場合でも怒るという事は結局自分の体内に毒素を作っているのだと言うことです。
注*子供が間違ったことをした時は怒ります。
ですが、ヒステリックに感情的に怒るのではなく、何が間違っているのか、どうしたら良かったのか、感情からではなく愛情を持って理性から怒ります。


イッチャんの父は、この事について少し理解出来ます。

感情をコントロールするのは良いのですが、感情に支配されるのはとても嫌な事です。

誰かが自分の悪口を言っているとします、それを聞くと間髪入れずに怒り出す!!
これでは人間とはいえないと思うんです。

自分に攻撃をしてきた人に対しては、自動的に反撃するのは、そうプログラムされているロボットとなんら変わり有りません。

この本を読むと、怒るのが精神的にも肉体的にもとても悪い事が分かります。
本の中にも書いてあったことですが、「そんなことは分かっていますが、相手が悪いのですから怒っても当然です」と大抵の人は思うことと思います。
でも、相手が良かろうと悪かろうと、怒っているのは他ならぬ自分自身ですから。

自分自身の心を意識するだけでも、怒る場面は相当減って来ると思います。
始めは小さな事から、慣れてきたら誰でも怒るようなことでも、怒らずに心に波風をたたすことなく、無理をして怒りを心に押し込むのではなくて、ただ単にやり過ごす、怒りが過ぎていく心の過程をジッと見る。

文章にしたら簡単なのですが(笑)。

ただでさえストレスの多い社会ですから、毎日笑顔で過ごしたいですね。
怒りそうになったら、子供の笑った顔を思い出すことです。
怒れなくなりますよ。

  子供の笑顔につられて自分も笑顔になりますから(^・^)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

読書の秋、じゃ無くて冬。

学校とディお疲れ。イッチャン読書好きなんだね

ちーちゃん | URL | 2014-03-01 (Sat) 21:52 [編集 ]


ちーちゃん様

こんばんは。

明日は学校です。
後二回で終わります・・・試験に受かれば(笑)。

ヘルパー二級の時は試験は無かったそうなのですが、今の介護職員基礎研修は最後に試験があります。
それが受からなければ、資格はもらえません。

ドキドキですね~。。。

イッチャんの父 | URL | 2014-03-01 (Sat) 22:40 [編集 ]


おはようございます。

イッチャん、学校やディでも笑うようになったんですね~。
緊張が解けてきたのかな? 本当に良かったですね。

私も読書、大好きですよ。宗教書も好きです。父さんと同じく、何処の宗教にも入っていませんが。
まだ小学生のころですが、イエス・キリストのお母さんのマリア様の本を読んだことがあります。読んでいて、とても温かい気持ちになったのを覚えています。信仰するとかしないとかではなくて、すんなりと自分の中に融け込んでくる感じでした。
父さんにとっての今回の仏教の本も、きっとそんな存在ではないでしょうか。

怒るのは良くないことですね。
分かっていても、怒ってしまうのが(並の)人間ですけど。
私も怒りそうになったら、これからは父さんのお話とコスモの笑顔を思い出そうと思います。
良い話をありがとうございました。

最後に・・・ちーちゃんさんへの返コメからで申し訳ありませんが・・・
試験、頑張ってくださいね(^^)

コスモママ | URL | 2014-03-02 (Sun) 09:07 [編集 ]


コスモママ様

こんばんは。

そうなんです。
イッチャんお外でも笑うことが出来るようになったようです。
でも、まだまだちょっとなので、これからどんどんイッチャんの笑顔が増えてきたら嬉しいですが~。

マリア様の本を読まれて、温かい気持ちになった事、何となく分かります。
そして、信仰するとかしないとか、そんなことは一切関係なく読んでいて、心の中にスーッと入ってきますよね。

本を読むのが大好きなので、読んで良い事は自分の生活に取り入れて、少しでも優しい人間になれるようにしたいと思います。

試験・・・ドキドキしています。
落ちたらどうしよう・・・(-_-;)

いやいや、頑張りますよ!

イッチャんの父 | URL | 2014-03-02 (Sun) 21:55 [編集 ]


こんばんは。
なかなか春は来てくれませんねぇ。
宗教、今は多岐に渡りますが、教えはどの宗教も「人の為に」と言うか、何と表現したらいいか「情けは人の為ならず」と同じような事じゃないかなぁ~と思っちゃいます。
全てを許すと言う気持ちなんて、人間にはなかなか持てませんもんね。
難しい事ですねぇ~(^_^;)

yamachan | URL | 2014-03-10 (Mon) 01:24 [編集 ]


yamachan様

こんばんは。

僕も、怒らない事はとても難しいですが、つまらない事でイライラしたり、ちょっとした事で怒るのは減ってきました。(^^♪

怒り方や、許す・許されるといった事も、個人差がかなりあると思いますから、自分の出来ることを行えばよいのだろうと思います。

今日もとても寒くて外に出るのが嫌になりましたが、雪が降る中、車で神戸まで行ってきました。
仕事だから仕方有りませんが、寒いですね・・・・。

早く春が来て欲しいです。(^.^)

イッチャんの父 | URL | 2014-03-10 (Mon) 23:02 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。