イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディサービスで体験した事

イッチャんの父が体験した事の一つです。

その日イッチャんの父は、もう90歳は軽く超えているであろう年齢の利用者さん(女性)を車でお迎えに行きました。
その方のお家の玄関について家のベルを鳴らすと、返事が有りません。
しばらくしてもう一度鳴らすと、またしても返事が有りません。
仕方ないので、暫く待っていると奥から大きな声がしてきました。

「あんたのせいで、何にも出来ないじゃないの!」
「どうしてちゃんと出来ないのかな!」
「さっさと行け!」

実はこの時、利用者さんがトイレを我慢できずに、トイレに着くなりズボンを履いたまま、排便をしてしまったみたいでした。
怒っていたのは、この利用者さんの娘さんでした。

「あんたがおったら、自分の事がなんにも出来ないわ!」
と、大きな声で怒鳴っていました。
文章に書くと、大人しい感じになりますが、実際に聞くと気分が悪くなるような怒り方でした。

その利用者さんは、下を向いて申し訳無さそうに玄関に来て、ゆっくりした足取りで車に乗り込みました。
たしかその利用者さん、車の中でこう言ったと記憶しています。

「あんまり長生きしたらアカンなあ~」

見ていて気の毒になりましたが、せめてディでは楽しめるようにと思っていました。

その利用者さんは、いつも決まってすることが有りました。

入浴するために、服を脱がせたり、入浴後は服を着せたりしなければなりませんが、その時必ずこちらを向いて静かに手を合わせているんです。
しかも小さい声で「ありがとう御座います」と言っています。

これを聞いたイッチャんの父は、なんとも言えない気持ちになりました。
家を出る時、家族からあんなに暴言を言われて、それでも感謝の気持はしっかりと持っていることに、こちらこそありがとうございますと、そんな気持ちになりました。

この利用者さん、自分の昔話しを始めると終わらなかったです(笑)。
元気な利用者さんでした~。(^^)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。

気まずいところに出くわしちゃいましたね。
利用者さんもお気の毒だと思いますし、娘さんの気持ちも分かります。
90歳くらいの方の娘さんと言うと、60~70歳くらい? ご自分の身体もキツイでしょうしね。
あと、多くを語るのはやめておきますが、「自分の事がなにも出来ない」と言うのは分かるなあ・・・

日頃、周りに感謝しているような利用者さんなら、娘さんも心の中では悪いことを言ってしまったと後悔していると思いますよ。
ただ、日々のストレスが噴出してしまったんでしょうね。
その母娘さんに幸多かれとお祈り申し上げます。

コスモママ | URL | 2013-12-27 (Fri) 08:10 [編集 ]


コスモママ様

こんばんは。

そうなんです、娘さんは怒ってない時はとても楽しい方なんですが、ハキハキ物を言う方なので怒った時の言葉は凄いです。。。

家族の介護はどうしても怒ってしまうことが有ると思います。
丁度その時に出くわしてしまって・・・慌てましたが。。(^^ゞ

でもその利用者さんは、ディではとても楽しそうに他の利用者さんと話をしていました。
今も楽しい時間を過ごされていれば良いなーって思います。(^^)

イッチャんの父 | URL | 2013-12-28 (Sat) 00:00 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。