イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も有難うございました。

                   DSC01360ブログ06
イッチャん頑張れ!に訪れて下さる皆様方、今年も残りあと僅か。。。

今年はイッチャんの股関節の大手術があり、イッチャんは夏の間ずっと病院で入院していました。

来年の夏も又、股関節の手術があります。
今度は今現在股関節に埋め込んでいるボルトを除去する手術です。
イッチャんが少しでも痛みを感じない様に祈るばかりです。

来年もイッチャんの世界が少しでも広がって行くように、そんな1年にしたいと思います。

本当に有難うございました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

イッチャんの父
スポンサーサイト

イッチャんの父も、今日から正月休み。

イッチャんの父も今日から正月休みです。

年が明けて5日迄休みなので、今日を入れて9日間のお休みになります。
暖かい国で過ごしたいと思う、寒いの嫌いなイッチャんの父ですが、諸事情でそうも行かずお家で過ごしています。

でも、この寒い中今日はイッチャんが通っているディサービスで餅つき大会がありました。
イッチャんは、目の前で餅をついているのを見るのは初めてだと思いますが、じっと見ておりました。

イッチャんも餅をつきましたが、あまり何回もさせてしまったので最後は泣いてしまいました(笑)。
つきたての餅は美味しかったです(歯の治療中なので思いっきり食べられなかったのが残念ですが)。

イッチャんも餅は食べられないので、黄な粉と餡子を食べていました。
餡子の方はあまり食べなかったのですが、黄な粉は美味しかったのか良く食べていました。

その他にも、おでんや焼きそば、鳥の手羽先など等、沢山の食べ物がありました。

ディサービスの職員が、イッチャんの母に鳥の手羽先を取ってきてくれて、「どうぞ」とくれたのですが・・・イッチャんの母は鳥は全く駄目なんです、(鳥は一切食べることが出来ません)なので、イッチャんの父の胃袋に入りました。
鳥の肉の中にはチーズが入っていたり、高菜が入っていたりと一工夫されていたものでした。
賑やかな雰囲気の中、イッチャんも楽しめたと思います。

でも、、、、イッチャんの父は賑やかな雰囲気って結構苦手なんです(-_-;)。
周りに合わせて、その賑やかな雰囲気に乗っかって行けばよいのですが、もともと静かな性格なので駄目なんです・・・決して賑やかなのが嫌いではないのですが、ですが、、、ですが、、、苦手です。

この性格一時期は直そうと思いましたが、そうすればするほどぎこちなくなってしまって、今ではこれが自分だと開き直っています(笑)。

こんな性格でも、介護の現場ではレクリエーションを担当してゲームを企画して、利用者さんと一緒に遊んでいました。
仕事と思ったら、出来ることもあるんですねー不思議です(^^♪。

ディサービスで体験した事

イッチャんの父が体験した事の一つです。

その日イッチャんの父は、もう90歳は軽く超えているであろう年齢の利用者さん(女性)を車でお迎えに行きました。
その方のお家の玄関について家のベルを鳴らすと、返事が有りません。
しばらくしてもう一度鳴らすと、またしても返事が有りません。
仕方ないので、暫く待っていると奥から大きな声がしてきました。

「あんたのせいで、何にも出来ないじゃないの!」
「どうしてちゃんと出来ないのかな!」
「さっさと行け!」

実はこの時、利用者さんがトイレを我慢できずに、トイレに着くなりズボンを履いたまま、排便をしてしまったみたいでした。
怒っていたのは、この利用者さんの娘さんでした。

「あんたがおったら、自分の事がなんにも出来ないわ!」
と、大きな声で怒鳴っていました。
文章に書くと、大人しい感じになりますが、実際に聞くと気分が悪くなるような怒り方でした。

その利用者さんは、下を向いて申し訳無さそうに玄関に来て、ゆっくりした足取りで車に乗り込みました。
たしかその利用者さん、車の中でこう言ったと記憶しています。

「あんまり長生きしたらアカンなあ~」

見ていて気の毒になりましたが、せめてディでは楽しめるようにと思っていました。

その利用者さんは、いつも決まってすることが有りました。

入浴するために、服を脱がせたり、入浴後は服を着せたりしなければなりませんが、その時必ずこちらを向いて静かに手を合わせているんです。
しかも小さい声で「ありがとう御座います」と言っています。

これを聞いたイッチャんの父は、なんとも言えない気持ちになりました。
家を出る時、家族からあんなに暴言を言われて、それでも感謝の気持はしっかりと持っていることに、こちらこそありがとうございますと、そんな気持ちになりました。

この利用者さん、自分の昔話しを始めると終わらなかったです(笑)。
元気な利用者さんでした~。(^^)

介護の勉強中に聞いた話。

イッチャんの父は、この秋頃から毎週日曜日に介護の勉強に行っています。

その授業中に聞いた話なんですが。

講師の話の中で、その講師の方も身内に介護を必要としている方がおられるそうです。
でも、その講師は殆どヘルパーさんにお任せして、自分で介護をすることはあまり無いそうです。
仕事が忙しくてできないということも有るそうですが、別の理由もありますと正直に言われていました。

身内の介護は、時に殺意を持ってしまうことが有ると言われていました。
なので、殆どの事をヘルパーさんにお任せしているとのことです。
身内だと、どうしても「何故、こんなことが出来ない?」「さっき言ったのに、何回同じ事を言わせるの?」「自分の事が何も出来ないじゃないの?」等など、健康な時の親をよく知っているだけに、何も出来なくなった親を見ると腹が立つそうです。

一見冷たいなーって、そう思われる人がいると思いますが、でも現実は介護をしていると自分(介護者)の時間は殆どなくなりますから、イライラもしてくるし、ストレスもかなり溜まってきて、そしてそれが爆発した時に酷い言葉や暴力となって現れてくるのです。

なので、講師の言われた殺意を持つことも有るという言葉は、イッチャんの父は理解できます。
そうなる前に、ヘルパーさんを利用するなり、ディサービスを利用するなり、自分の時間もしっかりと持つことも必要だと思います。

昔の考えを持っている人が時々いて、親の面倒は子供が見るのが当たり前でディサービスやヘルパーさんを利用するなんて、飛んでもない!
と、言われる人もいますが、そんな言葉は介護をしたことのない人の言うことです。

子供が親の面倒を見るのは、イッチャんの父も当たり前と思いますが、色々なサービスを利用しながら良い関係を築いていくことも大切なことだと思います。
それに、イッチャんの父はディサービスの事は少々知っていますが、お年寄り同士で結構楽しく過しておられました。
お年寄り同士で話をして、コミュニケーションを良く取ることが、心身ともに衰えない秘訣になると思います。

介護の勉強をしていると、色々な話を聞くことが有り、良い面と悪い面の両方あって、うーんと考えさせられます。

でも、今は若くても、何時かはみんな歳を取ります。
何事も、順番ですから。
お年寄りに優しく接することで、自分が年老いた時に、若い人から優しくされるのではないでしょうか?
順番ですから(^^)。

近所の大型銭湯

今日は土曜日、イッチャんがディサービスに行く日です。

昼くらいにお迎えがきたので、イッチャんを預けました。

先週の事ですが、そのディサービスでクリスマス会があリ、イッチャんの父と母も参加しました。
他の父兄の方々も沢山参加されていましたが、男親は少なかったですね~。
殆ど母親が来ておりました。

その中で、サプライズ企画でイッチャんの誕生日をお祝いしてくださいました。
イッチャんは記念品を頂いて、とても嬉しかったですね。
サンタさんからのプレゼントと、誕生日のプレゼントと、両方頂いて帰りました(^^ゞ。

今日お迎えに来た時に、その時の事について御礼の言葉を言うと、スタッフの方もイッチャんの笑顔が見れて良かったですと言われました。
そして、スタッフの方が言うには、イッチャん最初ディに来た時は固まっていましたが、最近は少しずつリラックスして過すようになって来たとのことです。
おやつも最初は全然食べなかったのですが、少しずつ食べるようになって来て段々慣れてきているそうです。

イッチャんは人見知りが酷いので、慣れるのでちょっと時間がかかりますとお伝えしたら、笑顔で分かりましたと言われていました。
少しずつ、人にも場所にも慣れていって欲しいですね。

そして、イッチャんを預けた後、イッチャんの父は近所の銭湯に行きました。
イッチャんの母にも行こうといったのですが、お腹に出来ていた腫れ物が治ってきているので、もうちょっと銭湯はやめておくとのこと、仕方なく一人で行きました。

イッチャんの父は銭湯が大好きです。

独身の頃、6畳一間の風呂のない戦前に建った長屋に住んでいたので、毎日近所の銭湯に行っていました。
夏は暑くて冬は寒かったのですが、大きな風呂にはいるのがとても好きで、ストレス解消になっています。
銭湯に付いている、サウナがこれまた好きで、必ず最初に入って汗を流します。
体の中の悪いものがどんどん出て行く感じですね(笑)。

今日もサウナに入って、大汗をかいて風呂でユックリ体を休めました。

大きな風呂に入った後は、湯冷めしません。
いつまでたってもポカポカなんです。

その後、家に帰って夕方まで昼寝しました(笑)。
思いっきり、自由な生活な気分(^o^)。
でも、頭も体も心もスッキリしました。

夕方ワンコ達の散歩に行って、しばらくするとイッチャんが帰ってきました。

イッチャんにご飯を食べさせて、一緒にオフロに入って、一緒に歌を歌って、イッチャんは今寝ています。
イッチャんの父はパソコンに向かって、このブログを書いています。

明日は又、週末の学校です。
介護の勉強ですね。
学校までバイクで行くので、雨が降らなければいいのですが・・・・。

月曜日も祝日でお休みなので、日曜日が学校でもちょっと気が楽です。

今年も後僅か、年賀状も書かないとダメなのに、まだなんにもしてません(-_-;)。
イッチャんの父が使っているプリンター、もう17年も使っています。
壊れないんです。
でも、印刷するのが物凄く遅いです。
年賀状を印刷するのに、ほぼ一日かかります(笑)。
このスピーディーな時代に、一日もかかるんです・・・。

さぁ、がんばろう!(^^)

誕生日会

今日、イッチャんの母から聞いた話です。

先日イッチャんは、クラスで誕生日会をしてもらったそうです。
その席で、クラスの先生はみんなに、こう言いました。

「イッチャんが頑張っていることを3つ上げて下さい!」

一人の生徒が、「イッチャんはいつも勉強を頑張っています!」と言いました。
すると別の生徒が、「イッチャんは勉強なんかしていない!」と言いました。

介助の先生がイッチャんのことを説明しようかと思った時、別の生徒が「イッチャんは、いつも勉強を頑張っているし、先生の話もじっと聞いている!」すると沢山の他の生徒たちが「そうや、イッチャんはいつも頑張って勉強している!勉強していないって言うのは、イッチャんに対して失礼や!」と口々に言ってくれたそうです。

介助の先生は、生徒たちのその言葉に感動して、泣きそうになったそうです。

イッチャんの父はその話を聞いて、こう思いました。
イッチャんが障害を持って生まれてきたことは悲しいことですが、その障害を持ったイッチャんが居ることで、周りの人達の心が優しい気持ちになり、人を思いやることの出来る心を持つようになるなら、イッチャんの親としてこれ以上の喜びは有りません。

一年前イッチャんを地域の小学校か?支援学校か?とても迷っていて、イッチャんの父は支援学校に入れようと思っていました。
でも、イッチャんの母はどうしても地域の学校に入れたいと、言っていました。
そして、イッチャんの父は不安がたくさんありましたが、地域の小学校に行かせることを選択しました。
4月に入学して、もう冬休み。。。。早いものです。
今は地域の小学校でよかったと思います。
もちろん支援学校に行っていたとしても、又別の形で良い面をたくさん見ることも出来たかもしれません。

今のイッチャんのクラスの子供達が、将来大きくなった時もイッチャんのことを覚えていてくれて、障害を持った人達にだけでなく、障害者・健常者、別け隔てのない思いやりのある大人になっくれそうな気がします。

親ばかになりますが、イッチャんや障害を持った人達は、健常者が忘れがちな「心」を思い出させる、真の教師なのでは無いかと思います。
イッチャんの父も日々イッチャんから教わることが多いです。
イッチャんの父はイッチャんの親ですが、イッチャんから教わることが沢山有るので、イッチャんの生徒でも有ります。

イッチャん先生は、とても優しいですが~☆彡(^^ゞ。

介護職員初任者研修

イッチャんの父は、今、毎週日曜日に「介護職員初任者研修」と言う資格の勉強に行っています。

教室には男女合わせて20人程度が、まじめに勉強をしています。
年齢は17歳から50代後半まで居るようですが、あまり年齢は関係無いようです。

身内の介護をされていて、その勉強の為に来られている方もいれば、介護施設で既に働いていて当資格を取りに来られている方や求職中の方が資格を持っていたほうが就職に有利なので、その為に取りに来られている方。

いろんな事情で、色んな年齢層の人が、毎週日曜日に同じ教室で勉強をしています。

朝の10時から夕方の5時(今の時期、帰る頃は暗いです)まで、、みっちりと勉強です。
学生の頃なら、べつにどうということのない時間なのですが、さすがに今の年齢で6時間も集中力が持つはずもなく(笑)、毎週6時間のうち少しだけ眠くなる時が有ります。

特に先生の声が低音で、ゆっくりした話し方の先生の時は地獄です(笑)。
どう聞いていても子守唄にしか聞こえません。。。。

先生によっては介護の考え方が少しずつ違うように思いますが、良いところだけをピックアップして自分にインプットしていこうと思っています。(教えてもらう分際で、少々傲慢ですが・・・)

介護を必要としているお年寄りの人、そのお年寄りの中でも認知症を患っている人。
障害を持っている人、肢体不自由と知的障害もある人。
色んな介護を必要としてる人がたくさんいます。

もちろんイッチャんもその中の一人です。

正しい介護の勉強をする老若男女な人達が増えて、間違った介護を行う人が減っていくようになれば良いと思います。
介護施設での事件や事故の話もニュースで見ていて、もっと事前に回避ができなかったのか?と悔しい思いになります。

本当は学校で(小学生から)授業の中に取り入れて、小さなうちから親しんで行けばそれが一番よいものと思います。
昔のように大家族で、赤ちゃんから老人まで一家のうちに揃っていた時代と違って、今は核家族化しているので、子供が老人と接する機会は殆ど有りません。
老人と子供の距離がもっと近づけば、それが自然に介護精神に役立つものになると思います。(社会で起こる犯罪も減ると思います)

堅い話はこれくらいにして。

それにしても、教室で椅子に座って机の上に教科書を広げていると、なんだか自分が学生の頃にタイムスリップしたような感じになります。
皆仕事の話もしないし、目の前の勉強を一生懸命にしています。
毎週6時間の授業はしんどいですが、その反面楽しい気持ちになります。

人間は何歳になっても、勉強して一つでも知識が増えると脳が喜ぶようです。

その知恵を、学んで活かせるようにしたいですね。(^^)

イッチャん誕生日でした。

今日はイッチャんの7回目の誕生日でした。

早いなー、イッチャんが産まれて、もうそんなになるのかー(笑)。
ついこの間、生まれたような気がしますが、気が付けば7年も経っていたのですね。
時間が経つのは、本当に早いです。

子供の頃、友だちと良く「早く大人になりたいなー」って言ってたものですが、このままだと、アッと言う間に歳を取りそうな気がしてきました。
歳を取るのは悪いことでは有りませんが、出来ることなら楽しく歳を取りたいです。

12月はイッチャんもイッチャんの父も誕生月です。
それに、クリスマスも有るので忙しない月ですね(笑)。

この頃のイッチャんは、2~3歳頃に比べると驚く程、内面的な成長があると親の目から見ると有ります。
地域の小学校に通うようになって少し変わってきて、週末にディサービスを利用するようになってから、もう一つ変わって、イッチャんの生活範囲が広がっているにつれて、イッチャんの内面も広がっていっているように感じます。

ただ、、、、悲しいかな、それを分かってあげられるのは親だけだと思います。
イッチャんの内面は成長していっていますが、イッチャんはそれをハッキリとした形で外にだすことが出来ませんから。
他人が見たら、何処がどう変わっているのか、理解できないと思います。

この小学校生活の間に、少しでも多くの意思表示が出来るように、その意思表示を他人にも分かってもらえるように、そうなりたいと思います。

まだ7歳、これから十分に時間が有るので、慌てず騒がずマイペースで進んでいきたいと思います。

イッチャん、誕生日おめでとう~(^^)

気が付けば12月。

早いもので、気が付けばもう12月になって8日が過ぎようとしています。
最近ブログの更新も怠りがちでした。

イッチャんの父は、この12月から介護の資格(介護職員初任者研修)を取ろうと、毎週日曜日に学校に通っています。
イッチャんの父は2年ほど前にガイドヘルパー(全身性)を取得しましたが、今回は別の資格を取ろうと頑張っております。
だからという訳ではないのですが・・・更新がおろそかに・・・^^;

完全ないい訳ですね~。

しかし、朝から夕方まで椅子に座って(実技も有りますが)6時間以上集中して勉強をするのは、かなり辛いです。
若い時のように集中力が持続しないのですね~せいぜい2時間集中できるのがやっと(笑)。
あとは必死に授業に食らいついています。

2年前にガイドヘルパーの資格を取りに行った時は、女性の方が多かったのですが、今回の介護職員初任者研修は女性と男性が半々くらいです。
男性も介護の資格を取る人が増えてきているんですね。
ちょっと驚きました。

年齢層もバラバラで、若い人は17歳から上の年齢は60歳手前まで。
色んな年代の会話が飛び交っていて、楽しい教室になっています。

来年の3月までは毎週日曜日に学校が有るので、卒業するまではじっと我慢して勉強です。

イッチャんは毎週土曜日にディサービスに通うようになったので、土曜日はイッチャんの父・母どちらも自分の時間を持つことが出来るようになりました。

改めて、自分の時間が有るということは有難いことなんだなーって、本当に思います。
夫婦で近所のスーパー銭湯に行って、のんびりとした時間を過ごしますが。
イッチャんが生まれてくる前は、夫婦でよく通っていました。

普通の家庭なら、そんなこと別になんでもないことだと思いますが、イッチャんの父・母にとっては有難い時間です。

イッチャんの母は、陶芸も始めました。
結婚する前に少しだけ、陶芸に通っていたことが有ったそうです。
なんでも、陶芸をしている時は頭の中も心の中も、真っ白になるそうです。
この気持、イッチャんの父も理解できます。
イッチャんの父も、釣をする時は頭も心も真っ白になりますから。
こんな時間が・・・とても大事ですね。

そして、夕方にイッチャんが帰ってくると、イッチャんを囲んでワンコ達もイッチャんの父も母も、皆でお話をします。
イッチャんに今日は楽しかった?と聞いて、イッチャんが笑うか泣くか?その反応を見ます。
笑う時有り、泣く時あり、そんなことを話しながら、みんなで晩御飯を食べます。

ご飯を食べたらイッチャんの父がお風呂に入れますが、最近イッチャんは食欲も出てきたのでよく食べます。
この夏、手術から帰ってきた時、初めてイッチャんをお風呂に入れた時、イッチャんの肩を見て、痩せたな・・・・と思いました。
手術は辛かったんだろうなと、、、、。
それが今では、肩も胴回りもちゃんと肉が付いてきて、しっかりした体になってきています。
安心しました。
一時はどうなるかと思いましたから。

あ、そうそう、イッチャんの父は10月くらいから、ずっと腰痛に悩まされていましたが、最近やっと痛みが治まってきて歩くくらいは平気になりました。
まだ走ることが出来ませんが、少しずつ治ってきているのが分かりますから、大丈夫そうです。
冷えたら途端に痛くなって痺れてくるので、冷えは大敵です。
毎晩暖かくして寝ているし、昼間もレッグウォーマーをして足を温めています。

このまま治って欲しいですね。
歯の治療はまだ通っていますが、、、、この歯の内部の炎症?がしつこい(-_-;)。
一体いつまでかかるんだろう?と思ってしまいます。
もう一ヶ月以上も右でしか噛んでいません。
ストレスがかかっています。。。。

今年もあと少し、歯も腰も、どちらも年内に治って欲しいですね。
来年を完全体で迎えたい~(^^ゞです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。