イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週は凄い雨でしたね~。

タイトルの通り、先週の週末は二日とも物凄い雨が降りましたね。

本当最近の雨は思いっきり降ってくれますが、、、、ちょっとお手柔らかにと願いたいです。

暫く雨が降っていなかったので、そろそろまとまった雨が降って欲しいなーって思ってはいましたが。。。

それにしても、ここ数年毎年雨の被害が出ているのに、もっと排水の整備をして欲しいですね。
従来の排水では間に合わないような雨の降り方になってきていると思いますが。

折角イッチャんがおうちに帰ってきても、散歩も出来ずにお家でゴロゴロしながらテレビを見たり、おもちゃで遊んだりしていました。
ですが、外に出られないのでちょっとストレスがたまっているようです。

まあ、こんなに雨が降っていたら仕方ないねー。

イッチャんの状態は日増しに良くなっているようで、脚の痛みも無いように思います。

抱っこしていて下に下ろすときに、時々脚のどこかが当たるのか?痛がるそぶりを見せますが、直ぐに元の顔に戻るのであまり気にしないでいいのかなーって思っています。

イッチャんの通っている校区は今日から学校が始まりました。
出来ればこの登校日に間に合わせたかったと思いますが、間に合わないものは仕方ありません。
イッチャんにはもう少し辛抱して貰わないと。

今日昼間ラジオを聴いていて、ダウン症の子供が居る家庭の当人と母親がインタビュー形式で出演されていました。
その母親は、最初は子供が生まれた時、自分の望んでいたような子供じゃなかったのでとても嫌だったといわれていました。

その頃は今の時代ほど障害について理解が無い時代だったので、世間の目は相当厳しかったそうです。

でも、その母親が言われるには、この子が生まれてきて、この世で一番大切なものを理解することが出来たと仰っていました。
それをなんて呼べばよいのか、「愛」と言うのかどうか・・・適切な言葉が見当たらないようでしたが、やはり言葉に直せば「愛」と言うことになると言われていましたが、僕はその言葉を聴いて何となく理解できるように思いました。

僕もイッチャんが生まれて来て、今思う事は、本当に真に大切なものをイッチャんは毎日教えてくれていると思っています。

何かの本に書いてありましたが「難有りて、有り難し」だったかな?
その通りかと思います。

恐らく、平々凡々とする毎日では学び得ないことを今、学ばさせて貰えているのだと思われます。

そしてご褒美は、イッチャんの満面の笑顔なんじゃないかと思うのです。

手術後は笑えなかったイッチャんでしたが、今は本当に良く笑うようになったので、それは最高のご褒美ですね!(^^)!。

*今週末、いよいよイッチャんと父・母は、ある場所に突撃してきます。
大音響の中、イッチャんは果たして楽しめるか?(笑)
スポンサーサイト

先週は笑顔でご帰宅。

先週は夏風邪も治って、週末は元気な笑顔で帰って来ました。

帰って来たと言っても、まだまだ退院までには至りませんが、週末の一時帰宅です。

でも、イッチャんにしてみれば、病院のベッドの上で過ごすよりも家に帰ってきて、通い慣れた学校の近くを散歩したり、お外の風を全身に感じる方が好きなようです。

土曜日はちょっと早めにイッチャんを迎えに行ったので、昼過ぎにはお家に着く事が出来ました。

お家に着くなりイッチャんは眠たそうにしていて、寝ようとするのですが発作もどき?が何度も来て、その度に目が覚めて中々眠りに着く事が出来ませんでした。
今回の入院で、寝入りばなのビクッとする発作かどうかわからない?動きが増えた様に思います。

それがストレスからくるのかどうか分かりませんが・・・。

夜は近くで花火大会が有ったので、イッチャんを連れて行きました。
少し離れた公園から見ていましたが、とても綺麗でイッチャんも僕の肩越しに花火をじっと見ていたようです。

ついこの間までは、ギプスをしていたので抱っこが出来ませんでしたが、先週はギプスを完全に外して腰から膝にかけての装具を付けていれば抱っこする事が出来ました。
イッチャんも久し振りの父の抱っこにうっとりと(笑)して居ました。

しかし、お風呂に入る時は装具を外さなければならず、しかも股関節の角度を保ったまま風呂に入れなければならないので、慣れない僕は何度かイッチャんの脚の角度を保つ事が出来ずに、股関節が外れたような感触が有りました。
え?まだこんなに簡単に外れるのか?気のせいかもしれないですが、外れた様な気がしました。

怖いので、次の日曜日のお風呂入れは、イッチャんの母にやって貰いました。

母に聞くと、股関節が外れた様な感じは無いそうです。

ん~。。。。(@_@;)。良く分かりません。。。。

日曜日は、おじいちゃんやらおばあちゃんやら、おじさんやらおばさんやら、沢山イッチャんに会いに来てくれました。
おじいちゃんの所に居候しているワンコ達も、この日は連れて来て貰って、大喜びです。
久し振りに賑やかな一日でした。

土曜日も日曜日も昼過ぎから、夕方にかけて、どうもイッチャんが落ち着かない時間帯が有る様ですが、イッチャんの母に言わせると、病院にいる時は一日中そうなんだそうです。
僕が見た所、一生懸命に何かを訴えているようですが、何とも分かりませんでした。
ビデオが見たいのか?ビデオの内容が見たい内容と違うのか?それとも違うおもちゃが欲しいのか?
抱っこして欲しいのか?こんな時、本当に少しでも話が出来たらなーって心の底から思います。

イッチャんもいつかは親以外の人から世話になる時が来ると思いますが、そんな時、せめて簡単な受け答え位でも出来れば、、、、と、痛切に感じます。
はい・いいえ・これ・あれ・ほしい・いらない・いたい・たのしい等々、覚えて欲しい言葉は沢山あります。
これからの訓練で、或は日常生活の中から、一つずつ覚えて行って欲しいです。

イッチャんはお利口さんです。
最初のうちは日曜日になり、病院に戻る時は泣いていましたが、今は全然泣いておらず落ち着いています。
週末が来ると、ちゃんとお家に帰れると言う事を学習したんでしょう。

今月末は楽しいイベントが待っているので、イッチャんも喜ぶだろうなー。(*^^)v

イッチャんのリハビリも順調に進んでおり、大分足を気にする事も減って来たように思います。
最初は足の先を触っただけでも、顔色を変えて泣き叫んでいましたが、今では平気な顔をしています。
股関節は流石にまだ少し違和感が有る様ですが、それも段々と慣れて来る事でしょう。

少しずつでも、一歩前に進んで行っていれば、いつか良い事もあると思って気楽に進んで行きたいと思います。(^.^)/

今週はイッチャん帰らず・・・(-_-)。。

今週は帰って来ませんでした。

その理由は夏風邪を引いてしまい、家に帰って来るよりも病院で大人しくして居る方が、回復が速いと判断したからです。

それに、この連日の猛暑を通り越した酷暑は、体力が弱っているイッチャんにとっては辛いです。

なので、今週は土・日と僕が病院に通っていました。

土曜日に行くとイッチャんは満面の笑顔で迎えてくれました。
僕が病院に行くのと入れ替えに、イッチャんの母は買い物に出掛けて行ったので、帰って来るまでイッチャんと遊び、疲れたら眠る時間を過ごしました。

熱も下がり、平熱に戻ったので4人部屋に帰れる事になり(一人部屋に隔離?されていました)、夕方はお部屋の異動でバタバタしていましたがお部屋の人達は皆お家に帰っていて、一組だけ残っていた母子も夜にパパさんが迎えに来て一緒に出て行ってしまいました。

結局4人部屋なのに、一人・・・(笑)。
部屋を移動して来た甲斐が無し。。。

土曜日は夜の8時までお部屋でイッチャんと過ごしていましたが、最終面会時間が来たので病室を後にしました。

翌日曜日(本日)、昼ご飯を食べて病院へ~。

イッチャんの母から話を聞くと、昨夜は僕が帰った後イッチャんはずっと泣いていたそうです。
うん、うん、可愛いやっちゃ(笑)。

今日もイッチャンの病室について、暫くするとイッチャんの母は買い物に出て、僕はイッチャんと二人で遊んでいたのですが。。。。
今日は大変でした((+_+))。

イッチャんの母が出て行って直ぐにイッチャんの具合が悪く成りだして、酷い咳き込みが始まり鼻も詰まっています。
看護師さんにお願いして、鼻を吸引してもらい暫くは楽そうでしたが、再び咳き込み始めました。
今度も看護師さんを呼びに行き、今度は咳止めの吸入をして貰いました。
そうすると、咳が治まって来て一安心と思いきや。

熱を測ると、さっきまでは36.5度位だったのが、既に39度の高熱になっていてビックリ!
しかも発作も何度も来て、イッチャんも体中に力が入った状態になり、僕は慌てました。
イッチャんの母に連絡を取ろうと思ったら、目の前にイッチャんの母の携帯が充電中になっていて・・・イッチャんの母に連絡がとれなくて、こっちの線は諦めました。

再び看護師さんを呼びに行って、一緒に見て貰うと、看護師さんはイッチャんの手足を握って、「まだ冷たいのでこれから熱が上がると思います。」と言われました。
僕は「座薬はまだ入れなくて良いですか?」と聞くと、熱が上がりきってからの方が使用するのは良いと思いますとの返事。

でも、僕はイッチャんのただならぬ状態を見て(発作と緊張)、心の中では今入れた方が良いのではないか?と思っていました。
しかし向こうは医療のプロなので、言われた通りもう少し熱が上がるのを待ちました。
いよいよ40度になりそうだったので、再度看護師さんを呼びに行って、それから座薬を入れました。
そうこうしている内に、イッチャんの母が帰ってきてテキパキとイッチャんの吸引等を行いましたが、それでもイッチャんは苦しんでいでいました。

座薬を入れて、1時間以上経過して居ましたが一向に熱が下がらず、取り敢えず寝かして落ち着かそうとトリクロを服用させました。
そうすると、眠らないのですが随分と落ち着いて来て熱はまだこの時点で40度ありましたが、時折笑顔が出て来るようになりました。
呼吸も静かになって来て、少しずつ嵐が去った感じが有りました。

晩御飯は流石に食べる事が出来ませんでしたが、昼間に比べたら随分と楽になった様に見えます。
熱も少しだけ下がり、38度台にまで落ち着きました。
あ~良かった、ホッとした。
イッチャんの母が居なくて、イッチャんと二人だけでイッチャんが苦しんでいたので、僕はイッチャんの手を握ってオデコに濡れたタオルを乗せ、頭の後ろに冷たい枕を入れ、少しでもイッチャんの様子が悪くなりそうな時は看護師さんを呼ぶ事しか出来ませんでした。
こんな時、ちょちょっと熱を下げる事が出来たら、ホント良いのに。。。

明日になり、今日よりもずっと回復していたら有り難いのですが、イッチャんの苦しんでいる顔が思い出されて、何とも言えない気持になります。

1098397_373460989447044_636915562_n.jpg

この写真は具合が悪くなる前に撮ったものです。

あーした、元気になーれ!(^.^)/おねがい!

家族で週末を過ごす事。

先週の土曜日、イッチャんを迎えに入院中の病院へ~午前中に行こうかと思っていたら、イッチャんの母からメールが有ってお昼病院で食べて行くから、12時位のお迎えでお願いします・・・との事。

ちょっぴり時間が空いたので、久しく洗って無かった車の洗車に行きました。
ガソリンスタンドの洗車機を通して、丁寧に全部を拭いてピッカピカ!
ワックスはかけなくても、前回、車を洗った時に2重にコーティングをしているので水洗いだけでピッカピカです。

車がちょっと汚れていたので、気になってたから丁度良かったです。

ピカピカに磨いた車でイッチャんを迎えに行くと、イッチャんはベッドでスヤスヤと寝ておりました。
可愛い寝顔です。

お昼もまだ食べてないのに、寝てしまったようです。
仕方無いので、暫く寝かしていて起きるのを待ちました。

その間に、僕も買ってきたパンとコーヒーを食べて、お昼を済ませました。
イッチャんにご飯をあげている間は、自分は食べられないので自分の食事はさっさと済ます癖が付きました。

イッチャんが寝ている間に、イッチャんの母が「これを見て」と自分のiPadを持ってきて、イッチャんのギプスを外す所や、その後の抜糸の所の映像を見せて貰いました。
抜糸の時、イッチャんは物凄く痛かったようです。
その泣き声に、僕は耐えられなくなり、途中はすべてスキップしました。

そしてイッチャんの脚の手術痕を見ると、小さな足に大きな一文字の傷が有りました。
その傷を見た瞬間、心の中で「イッチャんごめんね・・・」と、、、、こんなに小さな体で、痛い思いを何度もさせてしまって。
僕が想像出来ない位の痛みも、何度も有ったんだろうなと思います。

イッチャんの母がイッチャんを抱き上げて、バギーに乗せる時のイッチャんの顔は、物凄く痛みに耐えている顔をしています。
あんなイッチャんの顔を見たのは初めてです。

でも、バギーに乗せると痛みは無いのか、落ち着くんですが。
手術をしてから、数週間ずっとギプスで固定されていたので、以前の様に動かすのが出来ないようです。
少しずつリハビリをして、頑張って動かしていくしか、地道ですが、それしか方法は無いと思われます。

来年の事を話すと鬼が笑いますが、来年はボルトを外す手術をしなければならないので、又この時期位に入院です。
それを考えると、結構憂鬱になりますが。。。。
もっと簡単に済む手術は無いのかな?
医学は発達していると言っても、肉を切ったりしなければならない様な手術は、やっぱり原始的な手術だと思うのですが~。

今回の一時帰宅で発見した事。
今まではイッチャんの父がイッチャんの心の中では1番だったと思いますが、どうやらその勢力図に変化が表れてきたようです。
日曜日イッチャんと二人でお家で留守番をしていました。
イッチャんの母は、買い物で昼から出掛けて行きましたから。
で、イッチャんの様子はと言うと。
イッチャんの母が出て行ったのを知った時から、泣き顔になるんですが、、、イッチャんの顔が。。。
そして、実際に泣くんです。
とても寂しい声を出して。
え?なんで?イッチャんの父が横におるのに???

そして、夕方イッチャんの母がお家に帰って来ると、イッチャん笑顔・笑顔・笑顔。。。なんで、どうして?
どうやら、少しずつイッチャんは母に洗脳されてきたようです(笑)。
まあ、仕方ない。
イッチャんの母が一生懸命にイッチャんを見ているんだから、イッチャんの母が1番で当たり前か。
でも、イッチャんの父が横におるのに、寂しそうに泣くのはやめて欲しいなー(笑)。

日曜日の夕方、イッチャんを病院に送って行く時。
前回は病院までの道のり、車の中で泣いていましたが。
昨日は笑っていました。
ちょっと慣れたかな?

後一カ月、頑張ろう。

それにしても、今日仕事が終わって帰る時、ゲリラ豪雨に遭ってしまった。
駅で暫く待機して、小降りになって来たので駅を出て、家まで歩いて20分なんですが、テクテク歩いていると雷が鳴りだして、一気に大雨・・・・隠れる所も無くて、全身ずぶ濡れ。。。ボトボト。。。
こんなに雨に濡れたのは何年振りだろうと、そんな事を考えながら雨の中を歩いていました。

折り畳み傘はカバンに一つ、入れといた方が良いですね(*^^)v。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。