イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり高熱が・・・・。

K3340072.jpg

今日はイッチャんとイッチャんの母は友達の送別会に行く予定でした。
イッチャんの父はワンコ達と留守番・・・・の予定のはずだったのですが。。。。

イッチャんの父が午前中の用事を済まして家に帰ると、車庫に車が有ったので、あれ?まだいるのか?
おかしいなーと思いながらも家に入ると、イッチャんが今朝から高熱を出しているとの事。

送別会は欠席して、救急病院に連れて行く事にしました。
朝から熱が出て、インフルの判定をするには熱が出初めて6時間立たないと反応が出無いそうなので、その6時間を待って病院に電話をして、連れて行きました。

検査結果はインフルA型。

そう言えば去年の年末、忙しくてイッチャんの母とイッチャんは予防接種を打ってなかったのを思い出しました。
イッチャんの父だけ打っていました(*^^)、自分だけ打つなんて…なんて思わないで下さい。
イッチャんの母には予防接種をして来るように何度も口頭で言っていましたから。

病院から帰って来て、タミフルを飲んで少し熱が下がって来ましたが、それでも39℃台です。
病院に連れていった段階では40℃を超えていました。

でも、食欲が有るので(このへんイッチャんの父に似ている)、ちょっと安心していますが、早く治って欲しいものですね。

来週一週間は療育園もお休みする事になりそうです。
イッチャんは療育園が大好きなので、家にいるとストレスがたまると思いますが、ほかの園児に移してしまってはいけませんから、仕方ありません。

早く治りますように~イッチャんの父のお尻の粉瘤も~。。。
スポンサーサイト

最近のイッチャんの傾向

前回の続きになりますが、イッチャんの父のお尻に出来た粉瘤。。。

お医者さまで中身を出して貰い少し良くなったと思ったのもつかの間、直ぐに又腫れて来て同時に激痛がやって来ました。

痛くて仕事中も集中できないので、痛み止めを貰いにお医者様へ行くと、、、、傷口を見るなり「今日時間が有れば、今から麻酔を打って手術しましょう!」と・・・え???今から、、、「無理です!」とイッチャんの父。
明日からの仕事もあるし、急には出来ませんと答えると数日分の痛み止めと抗生物質を再びもらって帰りました。

手術するとしたらもう少し先になりますが、急には休みが取れないので仕方ありませんね。

で、どうしたかと言うと。。。

イッチャんの母の友達がこの事を知って、昔から伝わる秘宝の薬をイッチャんの父に下さいました。
今はそれをガーゼにしみ込ませて、寝る前に張って寝ています。
一日目は劇的に腫れが引いて、皮膚がしわしわになる程でした(凄い!)

二日目は少し腫れが出来て来て(でも前よりは小さい)、今もその秘宝の液体をガーゼにしみ込ませて貼っています。

後は日にち薬になると思います。
痛みは本当に少しずつですが、ましになって来ています。
仕事中に車に乗る事が多いので、座席に座った時の刺激が余り良くないようです。
出来れば一日中下を向いて、うつぶせのまま過ごす事が出来たら直ぐに治りそうです。

お尻の粉瘤に刺激は禁物ですね。。。。それにしても痛い。。。。

イッチャんの父の話はこれ位にしてイッチャんの事ですが。

最近イッチャんは母ととても仲が悪いです。
その態度たるやハッキリしています。
母に対する反抗期の様ですね。
まあ、これも成長の証しと思えば良いのですが、その反抗の仕方が激しすぎてイッチャんの母もまいる時が有るようです。

外に出た時(特に買い物時)、御飯の時、部屋で二人っきりの時、イッチャんは思いっきり反抗します。
どう云った態度かと言うと、物凄く大きな声で泣き叫びます。
それはそれは、虐待と思われかねない程の大きな泣き声で長時間泣き叫びます。
その間イッチャんの母が何を言っても、いくら宥めても一向に収まりません。
でも、イッチャんの母以外の人が宥めると、途端に大人しくなるのです。
一番長い時間一緒にいるイッチャんの母は、この反抗にとてもまいっています。

もう二カ月以上続いているので、いつまで続くことやら。。。イッチャんも相当しつこいです。

イッチャんも話が出来たら、何故反抗するのかその理由を言えるのでしょうけど、現状ではそれは無理な事なので激しく泣く事で意思表示をしているのかもしれません。

4月からは小学生。
それまでには、治っている事を祈ります(^-^)。

あ、それからイッチャんが通う予定に学校から電話が有り、イッチャんが通学するにあたって校舎内の不都合な所を改修するので何処が不便か教えて下さいと。。。。
イッチャんの母も細かい所までは分からないので、ちょっと返事に困っていたようです。
先生に話を聞くと、今迄イッチャん程の重度の障害児を受け入れた事が無いとの事でした。

学校にはスロープも余り無く、階段が殆どなので6年間過ごすのはちょっと厳しいなーって。。。
だって、6年間ずっと1階と言う訳では無いですから。
2階以上はバギー或は車椅子を担いで登らなければなりませんから。
トイレの問題も、おむつを交換する所等を作らないといけません。

後、、、何だろう?

通いながらだったら、色々不便なところを発見するのでしょうけど、、、今の時点では余り分かりません。

出来れば、経験者の方の意見を伺えればありがたいです。m(__)m

今日は痛い思いをして来ました。。。。(T_T)

イッチャんの父のお尻の端っこには、普段なら1cm位の大きさの粉瘤が有ります。
もう10年以上の付き合いなので、慣れっこになっているんですが。。。。

その粉瘤が昨日から腫れあがってきて、今の大きさは10cmくらいになっています。
今迄では最大20cm近くまで大きく成った事が有ります。
とても痛くて、座ることも歩くことも辛くなって来ます。

今の段階なら、中心の皮膚をメスで切って中の膿をとりだしたら、そう大きくなる事無く治るのではないかと。。。
この方法で一度成功しています。
で、今日仕事を早退して皮膚科の先生のお世話になって来ました。

先生は粉瘤の状態を見ながら、まだ熟し切っては無いですねーと言いながら、メスを片手に早速切って下さいました。切るのも痛かったのですが、それよりもっと痛かったの切った後中身を絞り出す作業がとても痛くて、ベッドにしがみ付きながら耐えていました。
いつしか額には汗が出て来て、全身グッタリ・・・・・。

でも、帰りは幾分歩きやすくなっていました。
まだ痛いのは痛いのですが。。。
明日には大分改善されている事でしょう。

週末の連休には何としてもなおしたいのです。
その理由は、この週末車でお出かけしたいのですが、今のままだと車に乗る事がとても苦痛で堪りませんから。

治療は痛かったですが(まだ痛い)、何だかスッキリしました。
今晩寝たら、明日は治っていますように~(笑)。

イッチャんの笑顔を見ながら、眠りたいと思います。

IMG_20121230_1718420102.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。