イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに釣りに行ってきました。

釣り

場所は和歌山県の醬油で有名な所の海側。
僕の住む所からは、車で高速を使ってのんびり走って2時間ほどの所です。

この釣りは筏釣りと言って、海の上に筏を浮かべて(ちゃんと海中の岩等にロープで固定されているので安全です)その筏まで船で送ってもらって一日釣りをします。
海の上に一日中いるんです(笑)。
乗り物酔いをする方はだめですね~。。。"(-""-)"

その筏釣りに、イッチャンの母の親(父)を誘って行って来ました。

ちょっと前まではイッチャンを置いて自分だけ釣りに行くのは気分が進まなかったのですが、最近ではイッチャンもディサービスに通うようになって色んな友達と触れ合うようになって来ているので、親とばかりいるよりは子供は子供同士で楽しく過ごす事も大事だと思うようになりました。(自分が釣りに行きたいから、単なる言い訳かもしれません・・・)

で、久しぶりの釣りですが、昔通っていた渡船屋に予約を入れて朝の6時くらいから釣りの予定でしたが、途中で道に迷ってしまい山道を少しの間ウロウロしてしまって、結局竿を出せたのは8時くらいになりました。
でも、若い時のように日の出から日の入りまで釣りをするにはちょっと辛いので、丁度よい時間だったと思います。
船着き場には、もう釣り客は誰もいませんでしたが(笑)。

竿を出して、餌を撒いて、暫くすると竿先に当たりが出て、魚がちらほら釣れ始めました。
イッチャンのジージも大きく竿を曲げて、魚と格闘しています。
僕の竿にかかるのは、何故か手のひらサイズの魚ばかりでしたので、そのサイズはみなリリースしました。
それくらいが一番美味しいと言われますが、僕の狙っている魚はチヌという魚の40cmオーバーです。

それ以外は、魚にダメージを与えないように気を付けて、海に帰します。

結局一日粘って、チヌは釣れなかったのですが心は快晴です。

釣りは不思議です。

魚が釣れたら嬉しいですが、釣れなくても心と体に溜まっている毒素を、大きな海が全部持って行ってくれるように思います。

帰りの車中でも、イッチャンのジージと楽しく会話が弾みました。
ちなみに、イッチャンのジージは大きな魚を数匹釣って帰っていました。
お家で美味しく頂いたそうです。

僕が釣りに行っている間は、イッチャンの世話をイッチャンの母一人ですることになりますが、土曜日ならイッチャンはディサービスに行っているので負担は少なくて済むと思います。
そして、イッチャンの母がお出かけするときは、僕が代わってイッチャンと一緒にいるよいうにしていけば、どちらが不満を持つことなく対応が出来ます。
もちろんイッチャンが一緒に行ける所であれば、一緒に行くことが良いと思います。

ここ何年も止めていた釣りですが、行ける時はまた行きたいと思います。

やっぱり、海はとても気持ちが良かったです。

ん?イッチャンの記事じゃないな・・・・ごめんなさい。
スポンサーサイト

夢のお話

昨日の夢の話ですが、僕は教室でテストをしていました(教科は覚えていません)。
僕の机の横を通った先生が僕の書いた答案を見て何か言ってから前に行った。

暫くして答案を集め始めると僕の答案用紙には名前が書かれていなかった。
先生が、名前を書いていないから0点だな!って言った。
先生はこうも言った、「先生は2回指摘したはずだぞ!」と言っていたが、覚えていない。。。

内容は高得点のようだし、先生にお願いして名前を書かせて貰ったのだが(何故か先生の表情が無表情だったように覚えている)、何度名前を書こうとしても手が思うように動かず、綺麗に名前を書くことが出来無かった。
仕方ないので汚い字だったが何とか書いて先生に答案用紙を返した。
一応先生は受け取ってくれました。

そこで夢から覚めた。

なんの暗示だろう?

いやー、今日は寒かった~(-_-;)。

この冬一番の寒さに感じた今朝だった。

昨日の朝は、テレビで寒くなると言っていましたが、朝、家を出る時それ程寒さは感じなかった。
でも、今日は朝から寒かった。
家から駅まで自転車で10分位ですが、その10分位で顔が凍り付きそうな位寒かったです。

電車に乗り、外の景色を見ていると、雪がちらほら降っていました。
僕の住む街は郊外なので、電車から畑や山がよく見える。
ていうか、畑の中を電車が走っているように見えるくらいの所です。
自然が沢山有っていいですよ~。

雪景色もとても良く似合うのですが、残念ながらイッチャんの父は寒さがとても苦手なのです。
今日も下着から上着まで、6枚ほど着込んで出勤しました。
それで電車の中で汗をかかないのか?と思われるでしょうが、ここ数年電車の暖房がとてもゆるいので、余り汗をかかないのです。
今位の季節だと、5~6枚着て調度良い塩梅です。

話は変わりますが、先日アマゾンに注文していた絵本が届きました。
「100万回生きた猫」というタイトルの絵本です。
どうしてこの絵本を今更購入したかというと、仕事中にラジオを聞いていたらシャンプーハットの哲児さんが、子供に読んで聞かせている最中に自分が読みながら泣いてしまって、最後まで読めなかったと言っていたので、一体どんな内容なのかと思って購入しました。

この絵本の存在は以前から知っていましたが、手にとって読むのは初めてです。

100万回生まれてきて、その度に人間に飼われて生きていました。
猫が死ぬ時、飼い主はみんな涙を流して悲しんでいましたが、猫はそんな飼い主の気持ちはわからなかったようです。

でも、今回生まれた所に飼い主はおらず、野良猫として生まれてきました。
そして、初めて好きになった猫が出来て、結婚し、その猫との間に子供が生まれて、それから月日が経ち、子どもたちも成長して独り立ちしてしまい、好きになった猫と二人で暮らしていましたが、ある日その好きになった猫も寿命が来て死んでしまいます。

猫は何日も何日も泣き続きて、悲しんで、ある日その好きになった猫の横で、息絶えてしまいました。
そして、その猫はもう二度と生まれ変わることは有りませんでした。

その猫は、100万回生まれ変わる度に、どうして飼い主が自分のために涙を流して泣き悲しむのか理解出来ませんでした。
しかし、自分の好きになった猫が死んだ時に、今迄の飼い主たちの気持ちが分かりました。

そして、とても大切なことを学んで、もう生まれ変わることも無くなりました。

この絵本は、子供に読んで聞かせるというより、その読み手の、お父さん、お母さんに読んで貰いたい本だと思います。
そして、子供にこの猫の気持ちを、分かりやすく教えてあげて欲しい。
子供たちはきっと、優しい気持ちを持った大人に成長すると思います。

自分はどうして生きているんだろう?
と思う時、その答えは、この猫のようにとても大事な1つの事を学ぶために生きているのではないかと思う。

2015年、有難う。

2015年のイッチャんファミリーは、イッチャんの怪我や病気による入院もなく、無事に終わろうとしています。

最後の最後に、ファミリーの姫(1わん)が天国に旅立ちましたが、寿命だったと思います。
体が丈夫だったので、最後の方は苦しかったと思いますが、イッチャん母の腕の中に抱かれて逝ったので、寂しくはなかったと思います。

まだ、もう1匹2ワンがいますから、いつまでも悲しんではいられないので、姫(1わん)を心に留めながらも、明るく前向きに行きたいと思います。

どうぞ、来年も宜しくお願いいたします。m(_ _)m

イッチャんの父は畑を管理しています。

寝ている時以外は常に注意していないと、心無い人が畑に缶を投げ込んだり、タバコの吸殻やゴミ等を投げ込まれてしまう時があります。

そして情けないことに、時々自分自身でも畑にゴミを入れてしまうときがあります。

畑には良い種を蒔き、そして肥料をやり、毎日の水やり等、寝ている時以外は忙しいです。

でも、忘れっぽいイッチャんの父は、畑の事をすぐに忘れてしまって、雑草が生えてしまう時もあります。

なので、常に気をつけて意識するようにしています。

畑に缶を投げ込まれた時は、直ぐに取り出してゴミ箱に入れます。

雑草が生えてきた時は、直ぐに雑草を刈ってもとの畑に戻します。

お日様は、毎日照るとは限りませんから、雨が数日続く日もあります。

寒い日も有ります。

暖かい日が続く日もあります。

でも、天候に関係なく、良い種を蒔き、注意して管理します。

良い種を蒔き続けますが、それがどんな果実の種なのか、或いはどんな野菜?、或いはなんの穀物?かは収穫するまで分かりません。

ただただ毎日毎日、良い種を蒔き、悪い種やゴミを取り除き、時々畑で周りの景色を見ながらコーヒーブレイクして、そしてひたすら耕すだけです。

いつか、良い収穫物が出来たら、皆で美味しく頂こうと思います。

*本当の畑ではありませんよ(^・^)。
有難うございます。

                         120428_1622~001

                           アルバムの中から、笑顔の一枚。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。