イッチャん頑張れ!(小学校編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イッチャん9歳になりました。

と、言っても今日ではなくて、昨日です(笑)。

最近マメに更新していないので、記事にするのを忘れておりました。

9歳になったイッチャんは、お顔もふっくらとしています。
以前のようにちょっとした風邪から、肺炎のコースを経て入院パターンということがなくなったので、体力も大分付いているのでしょう。

食事は毎食ごとにお茶碗一杯から二杯位ご飯を食べます。
おかずは・・・・先日単独入院してから後は順調に好き嫌いなく来ていたのですが、ここ最近又好き嫌いが出てきてしまって、ご飯はよく食べてもおかずは余り食べないことが多いです。
困ったことです。

それと水分。
これも、イッチャんは余り水分を積極的に取らないので、とても苦労します。
先日、誤嚥の検査をしてきたのですが、水分摂取の時かなりの量が食道と気道と二手に分かれて入っていってしまっているようです。
水分摂取の時は、スプーンで一杯ずつあげるか、工夫をしなければなりません。
しかし、元々あまり水分を取るのを嫌がるイッチャんですから、難しいですね。

以前病院で水分摂取量の検査をした時は、足りていたのでそれ程心配はしておりませんが。
でも、水分は大事ですからね。

ディサービスも学校が終わってから、直接ディの方に行っています(ディの人が学校まで迎えに来てくれます)。
イッチャん、楽しそうですよ。
やはり、子供は子供同士が楽しいのだろうと思います。

時々、ディに預けるのは子供が可哀想(大人の場合も)と言われる方もいますが、本人は笑顔になって帰ってくるので楽しいのだろうと思います。
それに、親も時々ディのイベントに参加して、職員の方と交流しているので安心して預けています。

物事を前向きに捉えて楽しく過す事も、逆に毎日不平不満や怒りに心を占領されて過すことも、どちらも自由に選択出来ますが、イッチャんの為にも家族の為にも、自由に選択できるなら、物事を前向きに捉えて明るく楽しく毎日を過ごしたいと思います。

 ブログ01
スポンサーサイト

イッチャんが初めての単独入院です。

久しぶりの更新です、、、、(-_-;)。

イッチャんはただ今入院しています。
しかも、、、母子入院じゃなくて、たった一人での単独入院です。

今回は最初なので数週間程度なんですが、それでもイッチャんにとっては初の体験なので緊張しているようです。

全然知らない人達の中に一人なので、イッチャんにしてみれば・・・なんで???ッて感じのようです。

間の日にも基本的に面会はダメです。
会えるのはリハビリの時間と、水曜日だけ会える時間が有ります。

週末は自宅に戻ることができるので、土曜日のリハビリが終わったら家に帰ります。
でも、翌日曜日には又病院に戻らないといけません。

土曜日に病院から帰ってきて、いつものようにイッチャんを寝かせていると、強い緊張が何回も来ているのが分かりました。
恐らく緊張のしっぱなしで、強いストレスがかかっているんだろうと思います。
それか、正しく薬の服用がなされていないか?
イッチャんは薬を服用させても、その薬をすぐに飲み込ままいで暫く口の中にためていて、後でべ~って全部出してしまうことが有るので(^_^;)。

その土曜日の夜イッチャんと一緒にお風呂に入ると、イッチャんは満面の笑顔でお風呂に入っていました。
そして夜寝る時、イッチャんはこちらを向いて本当に嬉しそうな顔をして笑っていて、暫くして眠りました。

やっぱりイッチャん、親から離れて一人での入院は寂しいんだろうな。。。
でも、親はいつまでも一緒に居れる訳ではないので、他人の中にいても自分を表現できるよう訓練していかないとダメなので、
心を鬼にしています(T_T)。

それに、色んな体験をするのは、大人になってからよりも子供の頃からの方が、大人になった時に本人にとっては大きな宝になると思いますから。
これは、障害者も健常者も同じことだと思います。

日曜日朝、リラックスできたのでしょうか遅くまで寝ていました。
入院中は食欲がなかった(スプーンに五口くらいしかご飯を食べなかった)らしいのですが、家では沢山食べてました。

日曜日夕方、イッチャん病院に戻るのを察知したのでしょう、急にご機嫌が悪くなってきました。
でも、晩ご飯はちゃんと食べていました(笑)。

夕方、イッチャんを車に乗せて病院までの道のりで、後ろの席で最初のうちは戻りたくないと叫んでいました(多分そう言っている)。
しかし、途中から諦めたのでしょうか?段々静かになって来ました。
病院についてからも、叫ぶこともなく大人しく玩具で遊んでいました。

まぁ、実際の所イッチャんの父も可哀想なことだと思うんですが、ちょっとずつでも慣れていってもらって、色んな事柄を乗り越えていってもらわないとダメなので仕方有りません。

イッチャん、、、もう寝たかな?
病院では余り寝てなかったようですから。
心配し始めると、キリがないです(^^ゞ。。。

暑くなってきました・・・。

梅雨のまっただ中ですが、今年の梅雨は雨が振り続ける事もなく、周期的に降る感じなので過ごしやすいと思います。

でも、風呂あがりは流石にクーラーを点けたくなりますね。
我慢していますが(T_T)。。。今点けたら絶対にずっと点けることになりそうなので。

ワンコ達も暑そうに過ごしています。
K0120078.jpg
もう完全にバテバテ状態(笑)。

この頃ずっとこんな感じ。。。

K0120072_20150615220715f5a.jpg
1ワンはもうかなりの高齢になったので、最近はオムツをするようになりました。
目の方も、両目とも見えてないと思っていたら、片方は見えていると言われたので良かったです。
でも、片方の目は完全に白くなっています。

半年くらい前からでしょうか?夜になると不安になるのか、鳴きながら歩き回るようになって来ました。
最初のうちは小さい声で鳴いていたのですが、今はかなりの大きな鳴き声で歩き回っています。
病院の先生に相談したら、高齢の犬にはよくあることで仕方ないとの事でした。

今年何歳だったかな???19歳か20歳位だったと、、、(笑)。
でも、元気に歩きまわるので体力は有りますよ。
若い時にかなりの運動をしていたので、体力は若い犬なみです(^^ゞ。

大事な家族なので、最期の日まで一緒です。

K0120089.jpg
イッチャんも元気に毎日学校に通っています。

もう小学校3年生なので、学校にも慣れていて授業中よく寝ます(笑)。
しかし、授業中寝るのはイッチャんの父もだったので、遺伝か?
介助の先生方も手伝ってくれて、イッチャんは毎日楽しく学校に通っています。
放課後はディサービスも行き、学校以外の場所の友達とも接することが出来るようになりました。

この先、イッチャんは色んな人達の手を借りて生活をしていくことになります。
なので、親以外の人達にも可愛がってもらえるように、イッチャんなりのコミュニケーションが取れるようになれば嬉しいですね。
まあ、イッチャんは多分一生懸命にコミュニケーションを取っていると思いますが、親でも理解できないことが多々有るので(笑)、親以外の人がイッチャんなりのコミュニケーションを理解するのは至難の業だと。。。でも、それを1つにの目標にしたいです。

K0120086.jpg
あなたはプロの腕前です(笑)。

懐かしいので、載せてみました。(イッチャんの母が何処にあったのか引っ張り出してきました)
この表彰状は、イッチャんの父が昔良く釣りに行っている(三重県迄行ってました)時に、この月で一番大きなのを釣ったので貰えました。
この時の話をイッチャんの母にすると、いつも「昔の栄光」と言われてしまいますが、懐かしい良き思い出です(^o^)。

この頃、イッチャんはイッチャんの父と一緒に寝ているのですが、今朝早く目が冷めてイッチャんを見ていると、多分夢を見ているのだと思いますが、何かを話しながら顔は笑っていました。

きっと楽しい夢を見ていたのでしょうね~。
イッチャんの父はその顔を見ながら、一緒に笑ってしまいました(^o^)。

あ-長い事、更新してなかったなー(-_-;)。

イッチャんは4月から小学3年生になりました。

3年生になった途端、風邪を引いてしまって登校したのは今日から(笑)。
熱が上がったり下がったり、咳も出て喉もゴロゴロ、くしゃみの度に鼻から鼻水がドバーっと出てきて大洪水でした。

その風邪もイッチャんの父に移して(-_-;)、イッチャんは回復しました~。
イッチャんの父も死ぬほど咳をして、水を飲んだだけでも喉がヒリヒリと痛いほどに腫れてしまい、流石に病院に行きました。
イッチャんの父もイッチャんも、元気になり、順番で言うと今度はイッチャんの母か?(~_~;)

イッチャんの学校での生活は、今まで一年生の時からずっと一緒だった先生方が皆新しい先生と入れ替わってしまい、1からの学校生活です。
支援級の先生もクラスの担任も介護の先生も全部交代です。
正直不安なところが沢山ありますが(せめて誰か1人でもイッチャんのことを理解してくれている先生が残ってくれたらと・・・)こうなった以上仕方ありません。。。

でも、イッチャんを介助してくださる先生は、先日まで介助してくださっていた先生のお友達なんだそうです。
ちょっとだけ、ホッとしました。。。細い線ですが、全部が切れてしまった訳では有りませんでした。

そして、クラスメイトでも2年生の時に毎朝イッチャんの所に来てくれていた女の子がいたんですが、その女の子が3年生でも一緒のクラスになって、イッチャんも何だかとても嬉しそうでした。

1年生の時、2年生の時、どちらも支援級を担当したことのある先生が(同じ先生です)受け持って下さっていたので、ある意味安心していた部分があったのですが、3年生は支援級を担当したことの無い先生(それが普通だとは思いますが)が担任です。
障害について理解のある先生だと良いのですが、それが今のところは一番の不安材料になっています。
                150214_1122~008
楽しい1年間にしたいと思います。
楽しいことは、楽しい気持ちからですから(^^♪。

来年も宜しくお願い致します。

余り更新の無いブログになっていますが(笑)、来年もどうぞ宜しくお願い致します(^^♪。

DSC01969.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。